patisserie-kuri

「嬉しかった時」「悲しかった時」「励まされた時」・・・。そんな時に食べた洋菓子(patisserie)の味をもう一度。

*

東日本大震災の日の夕食

      2016/11/07

東日本大震災のあった日、夕食と一緒に食べたチョコレートケーキ

あの日、東日本大震災のあったあの瞬間、私は都内のオフィスで働いていました。

7階だったので、震度5強でもかなりの揺れを感じました。

 

建てられてから10年経っていない高層ビルでしたが、壁には亀裂が入、電車は全て止まり、その日は自宅に帰れなくて会社に泊まったものです。
夕食を食べるために外に行くと、コンビニでは既に買い占めが始まっており商品はほとんど残っていませんでした。

 

こんな時だからこそ美味しいものを食べようと、同僚を誘い、浜松町の駅へと急ぎました。

駅の傍にはたくさんのレストランがあり、どこも混雑していました。

 

私はいつも食べない1,500円のセットとデザートでケーキを注文しました。

 

非常事態でしたが食事は美味しく、食べてみると改めてお腹が空いていることに気付きました。

食べている途中で道を聞かれましたが、周辺の地理に明るくなかったので、上手く答えられませんでした。

レストランは満席で、外にもたくさんの人が並んでいました。

 

そんな中夕食を食べ終え、デザートに頼んだチョコレートケーキがやってきました。

 

普段はあまり甘いものを食べない私ですが、その時食べたケーキの味は今でも忘れられません。

 

ずっと緊張していたので、一口食べると、ケーキの甘さにほっとして力が抜けました。

あの時のケーキの味は、今でもたまに思い出しました。あれから何度かチョコレートケーキを食べましたが、あの日ほど美味しかったことはありません。

 

お腹がいっぱいになると気持ちも前向きになり、会社に戻る足取りも軽かったです。

 

他の同僚や上司はコンビニで買ったもので食事を済ませたらしく、私たちが夕食の話をすると、とても羨ましそうにしていました。

 

 

翌朝は始発から電車が動いたので、そのまま自宅に帰りました。

コンビニには何も売っていなかったので、朝ご飯は食べていません。

家に帰ってから食べた味噌汁とご飯も、また格別に美味しかったのを覚えています。地震の次の日はとても朝日の綺麗な日でした。

 - 嬉しい時のケーキ(patisserie) , , , ,

  関連記事

1ヶ月遅れでやってきたバースデーケーキ

息子の誕生日は3月10日、毎年私は仕事帰りに、会社の近所のケーキ屋さんでバースデ …

娘からのサプライズ

先日65歳バースディをお祝いするために娘がホームパーティを開いてくれました。 娘 …

気持ちがいっぱい詰まったチーズケーキ

  これは今から約7年前、夫と付き合って2ヶ月になる頃の話です。 &n …

東日本大震災後の息子の卒業祝いのケーキ

  私達家族の住む関東地方は大きな被害は有りませんでしたが我々の街は震 …

東日本大震後の自粛ムード時に食べた誕生日ケーキ

ケーキというものはどちらかというと男性なので日常的には食べないものですが、誕生日 …

結婚祝いで親戚が用意してくれたショートケーキ

これは私が結婚式を挙げた後の話です。   私たち夫婦は神社での挙式、披 …

29歳になった時のお祝で旦那が買ってくれたホールケーキ

私と旦那はお互いに28歳の時に結婚をして、入籍をしてしばらくした29歳になった時 …

生活が落ち着いてきたころ、好きなケーキをいただきました

  私は岩手に在住しており、東日本大震災の当日は陸前高田にいました。 …

大学の合格祝いに母が焼いてくれたいちごのデコレーションケーキ

私が高校3年生のときのことです。 当時の私は地元の国立大学を目指し、受験勉強に励 …

東日本大震災後、ボランティアで物資支援に参加した時、子供にあげたケーキ

東日本大震災後の1ケ月後に、東北でも宮城県へ物資支援のボランティアに参加した時の …