patisserie-kuri

「嬉しかった時」「悲しかった時」「励まされた時」・・・。そんな時に食べた洋菓子(patisserie)の味をもう一度。

*

妻の優しさ、ありがたさを痛感した仲直りのガトーショコラ

   

家計の助けになればと失業中の私が始めたFX。

しかし、安易に始めたものがまさかこんなことになるなんて・・・

 

 

あまりの給料の低さ、待遇の悪さに次が決まる前に退職してしまったある日。

パートに出かける妻には内緒で、家計の助けれなればと転職活動をしながらつなぎとして始めたのがFXでした。

 

初心者のくせに安易に「下がったら売って、上がれば買えばいいんだから簡単だ」と思っていたのです。

 

妻に相談すれば必ず反対されることは目に見えています。

「結果を出してプラスのお金が出来たら打ち明けよう」と思っていました。

 

しかし、初心者がそんなに簡単に儲けられるわけもなくマイナスになる日々。

私は失業中(しかも自己都合)の無職の立場なのに、FX口座に家計から補てん。

無職でもFX口座は開設できたので)

 

最初は「儲けたら戻せばいい」と思っていましたが、儲けられることはありませんでした。

 

しかも、マイナスが最大限膨らんだある日、PCでうっかりFXログイン画面を表示したままにしていたため、妻にFXをしていたことがばれてしまいました。

理由はともあれ、私は家の貯金を勝手に使いまくってたのです。

 

最悪離婚を切り出されてもおかしくない状況でしたが、妻はこういったのです。

 

「家計のためにというのはわかる。でも相談してほしかった、これからはちゃんと相談してほしい。」と。

静かに告げる妻に、本当に申し訳なくて、私は深く反省しました。

 

 

その次の日、お詫びに買ってきたのが妻の好きな「ガトーショコラ」です。

ガトーショコラを食べながら、妻とこれからのこと、家計の立て直しについてしっかり話し合いました。

 

妻はガトーショコラを食べながら「あなたを信じたいから、がんばってね」と言ってくれました。

 

 

それからは、ちゃんと就職し、お小遣いの範囲内でFXを続けています。

(妻の許しをもらって)

 

初心者で勉強も全くしていなかった私でしたが、書籍やセミナーで勉強し趣味とはいえ少し利益が出せるまでになってきました。

 

もちろん、その利益は妻と一緒にご飯に行ったり旅行に一体、二人のために使っています。

(貯金にもまわしていますが)

 

マイナスになろうと、プラスになろうと妻に報告し、妻も楽しそうに聞いてくれます。

 

きっと妻にバレることがなかったら、借金をしてでもFXで損失を取り戻そうと無理をしていたに違いありません。

あんな形でばれたくはありませんでしたが、結果妻と家計について考えることができ、なおかつ妻との関係もよくなりました。

 

もうすぐ家族が一人増えます。

 

家族のためにもFXは趣味にとどめ、しっかり働いて家族を養っていこうと思っています。

 

ガトーショコラを食べながら、お互い思っていること、家計の立て直しができ、恐る恐るでしたが買ってよかったと思ってます。

あまり良いきっかけではありませんでしたが、本当の意味で夫婦になれた良い思い出です。

 

 - 忘れられないケーキ(patisserie) , , , , ,

  関連記事

東日本大震災後に食べた息子の誕生日ケーキ

  20011年3月11日東日本大震災が発生しました。 私はこの時、ま …

東日本大震災後に初めて食べたケーキに勇気づけられた

  東日本大震災で私の家は、所々損傷を受けました。   家が …

東日本大震災の当日、寒く真っ暗な夜に食べたホットケーキ

2011年3月11日。 明日から週末という金曜日のことでした。   私 …

東日本大震災後、思いをケーキにのせて

  東日本大震災が発生したとき、東京都内の自宅にいました。 &nbsp …