patisserie-kuri

「嬉しかった時」「悲しかった時」「励まされた時」・・・。そんな時に食べた洋菓子(patisserie)の味をもう一度。

*

友人が気をつかい気分を変える為に買ってくれたチョコモンブラン

      2017/07/23

友人が気をつかい気分を変える為に買ってくれたチョコモンブラン

 

私には、高校時代から付き合っていた彼女がいました。
その彼女とは仲良く周りからも認めてもらえるほどのカップルだったと今になって思いますが、その時が今でも楽しかったんだなと鮮明に思えておりました。

 

 

ですが、今まで仲がよく喧嘩すらしたことなかった彼女と折り合いがつかなくなり、ある日を最後に別れることになってしまいました。

それは、彼女の就職に際しての言い争いが原因でした。

 

私は、就職をすることを決断し、彼女も就職を決断していましたが、そこであるトラブルが発生してい待ったのです。

それは、彼女の就職先が水商売だったのです。

 

私は、考え直すように彼女に何度も会い直接顔を合わせてお互いが幸せになれるようにもっと違う就職先にした方がいいんじゃないかと話しましたが、彼女は聞いてくれずに結局就職することを決めたと私に話してきたのです。

 

 

結局それをきっかけにお互いの間に亀裂が生じてお互いに理解が出来ないとの結果に行き着きそして別れることになったのです。

私が彼女と別れたことを知った友人は、何人もいてメールや電話などで慰めの言葉を送ってきてくれましたが、私はその時にあまり嬉しくは思わなかったのです。

 

 

フラれたショックが大きかったのもあるのでしょうが、何よりももっと理解してあげることが出来なかったのだろうと自分自身意問いかけていたからです。

 

 

友人が嫌がらせの意味で言っていたわけでもないのにその時の私は素直に受け入れることが出来ずにいました。ですが、ある日1人の友人が私を「気分転換にどうだい?」と遊びに誘ってくれました。
その時は、断ろうとも考えていましたが心配をかけているのは事実だったのでその誘いを受けることにしました。

ただ遊ぶわけではないと知ったのは、その日の夕食の時でした。

 

友人は、自分がフラれたときの事を細かく話してくれてその時の感情も話してくれました。
「たしかに分かり合えなかったことは後悔として残ってしまうけれど、それは一つの経験なんだよ」と教えてくれその後にフラれた記念だと言ってケーキ屋さんで私の好きなモンブランを買ってくれました。
その時が私にとっては悲しくも一番嬉しかったことでした。

 

 - 悲しい時のケーキ(patisserie) , , , ,

  関連記事

振った時に友達と食べたチョコケーキ

私は中学3年生の時に性格に一目惚れして付き合った人がいました。 その人と出会った …

大きくなると祝ってもらえなくなる悲しい誕生日とむなしいケーキ

  誕生日とは、幼いころなら誰しもが楽しみにしているイベントでしょう。 …

妊娠から流産、それでも旦那が祝ってくれた「初めての母の日」のケーキ

  今年の母の日の出来事です。   昨年5月に結婚し、その後 …